花嫁の介添え人として|キャバドレスならロングがお勧め|上品さが引き立つ

キャバドレスならロングがお勧め|上品さが引き立つ

女の人

花嫁の介添え人として

女の人

日本でも増えている

ブライズメイドは花嫁に付き添って身の回りのことを行ったり、結婚式の企画や準備のサポートを行う女性たちのことです。花嫁の友人や姉妹がおそろいのドレスを着てこの役目に当たります。欧米では一般的なブライダル文化ですが、日本でも最近ブライズメイドが結婚式の二次会などでみられるようになりました。結婚式にどれだけかかわるかはその人の結婚式の企画ごとに違っているはずです。必ず決めておきたいのは、ブライズメイド用のドレスをどう確保するかでしょう。海外では新婦と一緒にドレス選び、予算はブライズメイド側が支払います。日本の場合は、まだなじみがない文化であることもあって、花嫁側がドレスを準備してくれることが多いです。

結婚式の雰囲気に合わせる

まず、いつまでにブライズメイドの着るドレスを用意しておくべきかですが、後でサイズ直しなどをすることも考えて式の三か月前までに用意しましょう。結婚式全体の雰囲気とドレスをマッチングさせることも大切です。手作りの結婚式にしたい場合は、特にイメージカラーを決めておいた方が全体的な統一感が出てきれいにまとまります。デザインは、ふんわりとしてエレガントなロングドレスが主流です。色合いも地味になりすぎない淡いものが多く、レンタルで頼むこともできます。おそろいのドレスを着るのがベストですが、色もしくはデザインのどちらかが統一されていればいいとされることも多いようです。アクセサリーとして花冠やリストレットをつけます。